三井住友海上火災保険株式会社
2016年7月8日

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、7月から、インフラ関連業者や大規模な生産拠点を持つ製造業者等を対象に、キャットボンド(大災害債券)の発行を支援する新サービスを開始しました。
キャットボンドの発行には、準備から償還までに多くの事務手続きを要することに加えて、発行時期の判断や契約金額の受取対象となる大災害のレベル設定(マグニチュード等)において高度なノウハウが求められるため、一部の金融機関を除き、企業が単独で発行することは困難でした。しかしながら、近年、大地震の発生や気候変動の進展を受けて、「より大規模な自然災害リスクに備えたい」とのお客さまニーズが高まっていることから、本サービスを開始することとしました。
これにより、キャットボンド発行に関連する煩雑な事務手続きの負担を軽減するとともに、最適な発行条件の設定等をアドバイスし、企業における大災害リスクヘッジ手法の多様化を実現します。
当社では、今後も、企業経営の安定化に資する商品・サービスを提供していきます。

http://www.ms-ins.com/news/fy2016/pdf/0708_1.pdf