緑のシンポジウム「緑地の“新・東京スタンダード”を考える ~緑といきもの豊かなまちづくりに向けて~」を初開催

2014年4月10日

三井住友海上火災保険株式会社

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、5月20日に、緑のシンポジウム「緑地の“新・東京スタンダード”を考える ~緑といきもの豊かなまちづくりに向けて~」を初開催します。

当社は、1984年の駿河台ビル(千代田区神田駿河台)竣工以来、都心における企業緑地のトップランナーとして、生物多様性に配慮した緑地の造成やバードバスを配した屋上庭園のリニューアルなど、緑といきものに溢れた豊かなまちづくりに取り組んできました。さらに、近年では、東京都心でも相次いで生物多様性に配慮した緑地が造られているほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、東京のまちづくりそのものにも注目が集まっています。

こうした動向を受けて、当社では、これからの東京の緑地に求められる基準や、都市における生物多様性について考える、緑のシンポジウム「緑地の“新・東京スタンダード”を考える」を企画しました。皇居という自然の宝庫を抱く東京が、日本ならびに世界における「都市と生物多様性の取り組みの先進モデル」となるために、ハードとソフトの両面で何が求められているのかを参加者の皆さまと考えていきます。

http://www.ms-ins.com/news/fy2014/news_0410_1.html